「あ」 「い」 「う」 「え」 「お」
IHヒーター 【あいえいちひーたー】
クッキングヒーターのうち、フラット天板の一種。磁力線の働きによって、鍋自体を発熱させて加熱調理するので熱効率が高い。安全性が高く、微妙な温度調整が可能だ。ガスでは難しい、ごく弱い火力を保てるのも利点のひとつ。最近では5000kcal/hのガスバーナーに匹敵する熱量を出すものも登場している。ただし、使える鍋の素材が鉄やステンレスなどに限られるのが難点。金属製でもアルミや銅の鍋は使用できない。
アイランド型キッチン
キッチンの作業台を壁面から分離し、島(Island)型に設けたレイアウトを指す。主に オープンキッチンに用いられる。コンロ・シンクなどあらゆる設備をアイランドカウンターに設置することもあれば、作業台だけを独立させてアイランド状に設けることもある。いずれも作業台を取り囲むようにして複数の人が同時に作業できるのがメリット。家族皆で、または友達と一緒に、料理を楽しみたいというケースにふさわしいレイアウト。
アスベスト
珪酸(けいさん)マグネシウムを主成分にした繊維状の鉱物で、耐熱材、耐火断熱材、絶縁材、補強材など幅広い建築材料などに使われてきた。ギリシャ語で「不滅の」という意味を持ち、日本語では「石綿」ともいう。直径1ミクロン以下の細長い微細な繊維を吸い込むと、石綿肺、ガンなどの病気の原因となり、人体に有害なことから、新築時はアスベストは使用されなくなりつつある。その一方で、建物解体時の飛散防止対策や処理方法が問題になっている。
頭金
住宅などを新築したり購入する場合に、建築費や購入代金のうち金融機関からの借金で支払う金額を除いた部分のこと。本来は、引渡しまでに現金で用意しなければならない 自己資金の一部になるが、頭金相当額を身内の借金や社内融資などで賄うこともある。頭金不足の人向けに、分譲住宅の 売主が通常のローンに加えてノンバンクなどの「頭金クレジット」を付けることもある。なお頭金には分割払いの最初に支払うお金という意味もある。
アプローチ
直訳すると「何かに近づく道」とか「接近すること」。不動産では3つの使い方がある。1つは、 最寄り駅 から現地へ行く道の状況という意味。坂道の有無、歩道の整備状況、交通状況などが含まれる。2つめは大規模マンションで、団地の入口から各住戸の玄関までの状況を示す。歩行者と車の入り方、駐車場との関係などが含まれる。最後に、一戸建ての場合に、敷地の入口、 門扉などから玄関までの状況、 カーポートの配置などを示す。
網戸
外部に面した開口部に取り付ける網入りの戸。ガラス戸と併用することが多い。自然の風を室内に取り入れながら蚊やハエの侵入を避けるのに使われる。フレームはアルミサッシや木、網はポリエステル製やステンレス製など。なかでもポリエステル製は軽く、水洗いできるので手入れが簡単。以前は冬場ははずして収納する習慣だったが、最近では使わないときは 引き戸の柱部分にプリーツ状に折り畳んで収納できるものも登場している。
アルコーブ
マンションの玄関前で、外壁面から少しくぼんだ形になっている空間のこと。玄関ドアを開け閉めするときに 共用廊下を人が歩いていてもぶつからない。また、外からの視線が遮られるなどのメリットがあり、プライバシーを高める。語源は、凹所を表すアラビア語の「al kubbe」。建築用語では、本来は、部屋の壁を後退させて設けた付属的な入り込み空間を意味する。奥まった私室、書斎コーナー、 床の間などもアルコーブの一種。
「あ」 「い」 「う」 「え」 「お」
インターネット対応
マンション全体でインターネットのプロバイダーと専用線契約をして、固定料金で常時接続のできるシステムを導入していること。回線使用料も含めて月額数千円程度でつなぎっぱなしにできる。 管理費に組み込まれているケースもある。低価格で利用できるのが最大のメリットだが、インターネットの利用はマンション内に限られるので、モバイル端末などでほかの場所で使いたい場合は、別のプロバイダーとの契約が必要。
「あ」 「い」 「う」 「え」 「お」
ウィークリーマンション
短期契約で借りられるマンション。原則として、1週間単位の契約をウィークリー、1か月単位をマンスリーという。マンスリーマンションともいうが、1週間以内、または1日単位の宿泊が可能なケースが多い。通常の賃貸マンションのように 敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用がかからない。ホテルや旅館に長期滞在するよりも費用が安く、家具や什器・家電製品などが備えつけられているのが特徴。長期旅行、出張・研修などに活用。
ウッドデッキ
地面より一段高く、建物の前に張り出して設けるテラスのうち、木製床のものを「ウッドデッキ」と呼ぶ。素材には、腐りにくいレッドシダー(米杉)などの天然木に防腐処理を施したもののほか、木の粉に樹脂を混ぜてつくった 耐久性の高い合成木を使用しているものもある。ガーデニングブームでウッドデッキの普及もすすみ、最近ではこれにかける屋根を指して「テラス」「テラス屋根」などと呼ぶエクステリアメーカーもある。
「あ」 「い」 「う」 「え」 「お」
ALC 【えーえるしー】
軽量気泡コンクリートの一種で、「Autoclaved Light-weight Concrete」の略。石灰質原料、珪酸質原料、発泡剤などを入れてオートクレーブ養生で硬化させる。工場で高温・高圧(約180度・10気圧)の蒸気を加えて15~16時間かけて成形させることを「オートクレーブ養生」という。軽くて断熱性・耐火性に優れる。パネルとブロックがあり、 鉄骨造やRC造の非耐力壁、床、屋根などに使われる。
ADSL 【えーでぃーえすえる】
既存の電話線のような銅線を使ってデジタルデータ通信を行う技術をDSL(Digital Subscriber Line)という。ADSL、SDSL、HDSL、VDSL、CDSLなどの種類がある。そのうち日本で一番普及しているのがADSL(非対称デジタル加入者線「Asymmetric DSL」)。データを受信するときの速度(下り方向)と送信速度(上り方向)が違う。ブロードバンドの一種。
エレベーター
電動ロープ式や油圧式などで人や荷物を上下に運搬する装置のこと。ロープ式の稼働速度は電動機の種類によって分速60mから90m程度が一般的。 建築基準法では、面積が1平方メートル超、天井の高さが1.2m超の昇降機を「エレベーター」と定義している。それより小さいものは「小荷物専用昇降機」。エスカレーターも昇降機に含まれる。エレベーターのカゴと昇降炉の内装は 難燃材料にする必要がある(ホームエレベーターは例外)。
「あ」 「い」 「う」 「え」 「お」
追い焚き機能付きバス
浴槽のお湯を沸かし直す機能が付いたバスのこと。お湯を入れ替える必要がなく、実用的。
オートロック
マンションのエントランス(共用玄関)に付いているセキュリティ・システムの一種。普通は常に錠が閉まっており、来訪者がインターホンのテンキー等で部屋番号を押すと、各部屋につながり、遠隔操作でエントランスの 電気錠を解錠できる。自分で入る時は、各戸の鍵で開けるか、テンキー式、カード式などのタイプがある。エントランスの扉には自動ドアと 引き戸があるが、前者のほうが便利。最近はTVモニター付きも増えている。
オープンキッチン
リビングやダイニングと同一空間にキッチンを配するプラン。誰もが気軽にキッチンに立ち入れ、作業を手伝える。コミュニケーション重視型のキッチンといえる。LDKに大きな面積を割けないときでも、広々とした空間がつくれるのがメリット。ただ、キッチンを散らかしていると目に付きやすいし、壁面が少ない分、キャビネットがつくりにくいので、収納計画には工夫が必要。音やにおいがLDK全体に広がってしまう難点もある。
オール電化住宅
暖房、給湯、調理などの熱源を含めて、すべてのエネルギーを電力でまかなう住宅のこと。オール電化向けの機器には、 クッキングヒーター、貯湯式給湯器、蓄熱式暖房機器などがある。ガスや石油などの燃焼に伴って発生する有害物質や水蒸気が出ないため、室内空気を比較的清浄に保てるのが特徴とされる。エネルギー・コストは、電力各社が扱う「季節別時間帯別電灯割引」や「全電化住宅割引」などを活用することで低減できる。
オール電化住宅
暖房、給湯、調理などの熱源を含めて、すべてのエネルギーを電力でまかなう住宅のこと。オール電化向けの機器には、 クッキングヒーター、貯湯式給湯器、蓄熱式暖房機器などがある。ガスや石油などの燃焼に伴って発生する有害物質や水蒸気が出ないため、室内空気を比較的清浄に保てるのが特徴とされる。エネルギー・コストは、電力各社が扱う「季節別時間帯別電灯割引」や「全電化住宅割引」などを活用することで低減できる。